公募研究

故榊原仟(当時常務理事)、故吉岡博人(当時理事長)、故冲中重雄(当時理事)、故木本誠二(当時理事)が、我が国循環器医学の画期的進歩を促すため、先進諸国に劣らぬ研究施設を開設し、これを全国の優秀な研究者に公開することを計画、故石坂泰三氏ら経済団体連合会関係者の支援を得て、昭和43年1月から公開した基礎研究施設を保有しておりました。
当財団では、昭和42年創立以来、種々の循環器に関する研究を募り支援してまいりました。
当初の研究助成は、全国の研究者に経済的援助をするのみならず、当会の実験施設を使用する実験研究そのものを支援する当会独自の方法でありました。以来、本研究助成は平成29年度まで418件となりました。
平成15年度からは、多くの要望に応え、循環器の基礎及び臨床研究を行う40歳以下の研究者に研究費のみを助成する公募研究助成を始めました。

1.榊原記念研究助成金

循環器の基礎及び臨床研究の研究を行う40歳以下の全国の若手研究者を対象としております。
令和2年5月30日に、公募研究採択委員会を開催し、第18回榊原記念研究助成の採択者は、下記のように決定いたしました。
第18回(令和2年度)
榊原記念研究助成金研究題目

研究期間 : 令和2年9月~令和4年8月

No. 研究題目 所属 研究者
1.
スプライシング制御因子Rbm20変異による心房細動発症メカニズムの機序解明
東京医科歯科大学
難治疾患研究所
生体情報薬理学分野
井原 健介
2.
ゲノム情報を用いた心房細動の遺伝的基盤の解明と精密医療の実現
東京大学大学院医学系研究科
循環器内科学
松永 紘
3.
マウスを用いた補体副経路の制御による心室細動抑制効果の検討
久留米大学医学部内科学講座
心臓・血管内科部門
伊藤 章吾
4.
遺伝性不整脈患者の突然死リスクを上昇させる新規SNPの臨床的評価と病態ゲノム機構の解明
国立循環器病研究センター
創薬オミックス解析センター
ゲノム系解析室
石川 泰輔

 

2.公募研究成果発表会
   および特別講演会

 以下の日程で、第16回榊原記念研究助成 研究発表会および特別講演を開催する予定でしたが、新型コロナウィルス感染拡大の影響により延期といたしました。
日 時 : 令和2年9月6日(土) 13:00~16:00 ⇒ 延期:日程未定
場 所 : ステーションコンファレンス東京
【プログラム】
●第16回榊原記念研究助成 研究成果発表会
No. 研究題目 所属 研究者
1.
脂肪酸の組成変化が心肥大・心不全におけるリモデリング機構に及ぼす影響の解明
群馬大学大学院医学研究科
循環器内科学
須永浩章
2.
Hippo-YAP経路を標的とした心筋再生による新規心不全治療の開発
東京大学医学部附属病院
循環器内科
原 弘典
3.
ヒトiPS由来心房筋および心室筋の作製と応用
慶應義塾大学医学部循環器内科
臓器再生医学寄付講座
遠山周吾
4.
褐色脂肪―心臓連関による心不全発症メカニズム
新潟大学大学院医歯学総合研究科
環器内科学
先進老化制御学講座
吉田陽子
5.
拡張障害型心不全における脂肪組織とリンパ管の役割
東北大学大学院医学系研究科
循環器内科学
大山宗馬
●特別講演
  「ビックデータ解析と医療について(仮題)」を受けて
         講 師:永井良三先生 自治医科大学学長